薤露


命の春はすでに燃え尽き、
一切の望みは失せた。
灰となったこの身を待つのは、
出て行ったら最後、二度と戻れぬ旅路だけだ。

来てはくだけの己をわらい、
全ての歓びが幻にすぎないことを知る。
生きて悩みのほか得るものはなく、
死して恥のほか残すものはない。

詩人たちの賛歌は聞き飽きた。
哲人たちの至言も読み飽きた。
今とは違う、別の人生を望んだところで、
それは古い牢獄から新しい牢獄へ移るだけのこと。

まかせぬものは、命の儚さ、
まかせぬものに、心を寄せるな。
幕が下りれば、もはやそれまで。
われらは影も形もなく消え去るのみ。

FK
2018年01月07日(日) 21時39分44秒 公開
■この作品の著作権はFKさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
感想記事の投稿は現在ありません。

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除