ゆりの木
賢治の好きなマグノリア
モクレン属は樹に咲く蓮か
君が教えて呉れたから
二人探したマグノリアのあれこれ

君の近くのタイサンボクが近くになかった
其れが何かを暗示したのか
僕は一人ユリの木の下
野良人
2017年11月11日(土) 11時26分44秒 公開
■この作品の著作権は野良人さんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。

この作品の感想をお寄せください。
No.5  游月 昭  評価:50点  ■2018-01-08 22:38  ID:wyKWIMwkBUw
PASS 編集 削除
あ、なんだか超哀しいぞう。
こんばんは。もう忘れられた頃でしょう、お久しぶりです。

なるほど、木蓮は私にとって意味深い花なので特に響きました。
見上げた空に蓮が浮かんでいて、私はどう見ているんでしょう。
空の上から、水の中から、コイになって泳いでいるのか、
(そう言えば、別の方の『遠距離恋愛』という詩がありますが、ラストが不思議です。この詩にも通じるところがある気がします。)
時と空間が縮まったり離れたり。
それに合わせて胸が苦しくなったり、よそを向いたり。
色々と感じられました。
No.4  野良人  評価:--点  ■2017-12-03 07:48  ID:te6yfYFg2XA
PASS 編集 削除
まさよさんお早う御座います。
引っ越して白鳥が遠くなりました、今は水芭蕉の傍、ヤマユリも咲きます。
なかなかうまくいきませんね。
少しづつでも回復してたらよかったです、有難う。
No.3  まさよ  評価:0点  ■2017-12-02 17:33  ID:wKshYL4yRWI
PASS 編集 削除
野良人さんの清美ちゃんが
元気をくれました、
少しづづ回復していってます
白鳥は着てますか?
No.2  野良人  評価:--点  ■2017-12-02 09:11  ID:te6yfYFg2XA
PASS 編集 削除
まさよさんお早う御座います。
ユリノキもまたモクレン属、しらべるとたくさんありますね。
生きるって悲しみを数えてゆくことなのかもしれませんね、
何時もの頑張りで乗り越えましょう、有難う御座いました。
No.1  まさよ  評価:50点  ■2017-11-26 14:17  ID:wKshYL4yRWI
PASS 編集 削除
野良人さんこんにちは
大きなユリの樹の下で
見上げている野良人さんが浮かんできます、
少し悲しみが続いて、お休み中…。です
総レス数 5  合計 100

お名前(必須)
E-Mail(任意)
メッセージ
評価(必須)       削除用パス    Cookie 



<<戻る
感想管理PASSWORD
作品編集PASSWORD   編集 削除